千の福net ほろ酔い飲みュニケーション

千の福カレンダー|日々のしあわせ千の福暦

2006年12月1日(金)

榊記彌栄コンサート「天翔る」

筝曲家 榊記彌栄(さかき きみえ)さんの「ベイコンサート」が広島プリンスホテル「瀬戸の間」で行なわれ、コンサートのウエルカム、幕間には、千福のお酒が提供されました。

 

会場に来られたお客様は、最上階23階の「パーラーラウンジ トップオブヒロシマ」でウエルカムのサービスを受けられ、「センプク レイズシャワーのカクテル」も飲んで夜景を見ながらリラックスしておられました。

演奏会場「瀬戸の間」では、第一部「石動(いするぎ)」「上絃の曲」(じょうげん)の2曲、第二部は「だっちゅら」「翼にのって」の二曲が演奏されました。
フルートや「桶太鼓」との協奏は、新鮮なコンサートの印象を受けました。

 

また幕間では、榊記彌栄さんのおはからいで、「千福 金賞酒」(2006年全国新酒鑑評会 金賞酒)がお客様に振舞われました。
皆さま「美味い」と好評で、お喜びでした。

 

会の最後に、「凛の会」会長 久保井ミドリさまのご挨拶で、今後も「琴一会」の気持ちを大切にしていきますとのお言葉で無事終了しました。

2006年12月4日(月)

RCCラジオカーが千福にやってきた!

RCCのラジオ番組『ごぜん様さま』広島ラジオカーのコーナーで、お歳暮商品「のみくらべセット」「蔵元直送便」のご案内と、広島国税局清酒鑑評会の3部門で優等賞を頂いたご報告をしました。

 

インタビューは、今年オープンしたギャラリー三宅屋商店で行われました。
インタビューはRCCラジオカーの、可愛い勝レポーター。それに緊張したのか千福営業部 三澤晋平、硬い硬い表情でラジオ初出演。
終わって初めてにっこり笑った生放送でした。
放送最後には千福社員5名と勝レポーターで『千福一杯いかがです』の大合唱。練習無しでちょっとオンチな大合唱でした。

放送前の事前打合せ。
すでに緊張しています。
いよいよ本番スタート!
台本から目が離せません。
レポーターに囲まれ、
終わってやっといつもの表情に。

2006年12月8日(金)、15日(金)、21日(木)

忘年酒列車

JR呉駅主催の“ふれあいパル号で行こう!『忘年酒列車』”が、今年も呉線(呉−竹原間)で運行されました。