プレスリリース<孤狼の血LEVEL2 大吟醸原酒 新発売>

日本酒「千福」醸造元 株式会社三宅本店(広島県呉市 代表取締役社長 三宅清嗣)は2021年7月21日(水)より<千福「孤狼の血LEVEL2大吟醸原酒>を数量限定で全国一斉発売します。
本商品は広島県呉市が撮影の舞台となった映画『孤狼の血LEVEL2』(2021年8月20日公開)と、1856年に呉で創業した地酒 千福のコラボレーション日本酒です。作品の世界観をイメージしたオリジナルデザインボトルに、濃厚で飲みごたえのある大吟醸の原酒を詰めています。作品に想いを馳せながらお楽しみください。

【コンセプト】
本商品のコンセプトは「孤狼の血ファンに捧げる、飲みごたえのある酒」です。
私たちは日本酒を通じて作品の世界観を表現することで、作品の魅力と撮影の舞台となった呉市の魅力をさらに多くの方に知っていただきたいと考えました。
デザインはもちろん酒の味にこだわり、濃密な作品内容をイメージしたフルーティでありながらも飲みごたえある高精米の大吟醸原酒を使用しています。

【お酒について】
お酒は地元の素材にこだわり、呉の独立峰「灰ヶ峰」の地下60mを流れる伏流水と広島県産米を100%使用して仕込んでいます。蔵人たちが時間をかけて丁寧に仕込んだ大吟醸を無濾過で仕上げることで、非常に飲みごたえのある味になっています。完熟した果実のような甘く穏やかな香り、甘味と酸味が調和した味わいと心地よい後口をお楽しみください。飲み方は冷酒がおすすめです。

【デザインについて 】
濃密な作品内容に合うよう、シンプルながらもしっかり存在感を漂わせるブラック×ゴールドの オリジナルラベルを採用しました。

【販売について】
本商品は7月21日(水)以降から広島を中心とした百貨店、スーパー、酒販店、お土産物店などで販売が開始されます。
また弊社併設のアンテナショップ「ギャラリー三宅屋商店」やECサイト「千福オンラインショップ」でも取扱いを開始します。
(千福オンラインショップ: https://www.sempuku-miyakeya.com/ )

千福「孤狼の血LEVEL2 大吟醸原酒」
◆容量: 720ml ◆アルコール度数:17.5度 
◆原材料:米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール ◆精米歩合:50% 
◆価格:1,650円(税込) ◆販売本数:500本

【会社説明】
広島県呉市にある1856年創業の蔵元。地元広島県産米を中心にした日本酒「千福」の醸造ならびに焼酎・リキュール・甘酒などの製造販売、本社併設の直営店舗・ECサイトの運営も行っています。私たちが100年以上に渡り一貫して大切にしているのは、『酒の味』です。日々試行錯誤して造りの技を磨きながら、酒米の個性を活かした最高の味わいを追求しています。近年は全国新酒鑑評会やIWCを始めとした国内・国外のコンテストで多数の賞を受賞。人生の様々なシーンで『最高に旨い』と思える酒を生み出すことで、皆様の毎日を幸せな時間に変えるお手伝いをさせて頂きたいと思っています。

【会社概要】
社名:株式会社 三宅本店/創業:安政3年(西暦1856年)
代表者:代表取締役社長 三宅清嗣
本社住所:広島県呉市本通七丁目9番10号
事業内容:酒類の醸造並びに販売、その他
URL:https://www.sempuku.co.jp


〈本件に関するお問い合わせについて〉
㈱三宅本店 ワクワク企画室 広報担当:向井 / E-mail:mukai-hiroka@sempuku.co.jp
〒737-0045 広島県呉市本通七丁目9番10号
TEL:0823-22-1029(平日8:30~17:00) FAX:0823-23-1076

プレス向けリリース(PDF)はこちら