プレスリリース<【千福】1年に1度だけの “寒仕込み”大吟醸 「しぼりたて新酒セット(Dry&Sweet)」を本年も発売>

 日本酒「千福」醸造元 株式会社三宅本店(広島県呉市 代表取締役社長 三宅清嗣)は2月14日(水)より<千福 純米大吟醸しぼりたてセット(Dry&Sweet)>を、3月13日(水)より<千福 大吟醸しぼりたてセット(Dry&Sweet)>を数量限定で発売します。

〝寒仕込み新酒〟は30年以上にわたって愛されている人気シリーズです。本商品は日本酒が特に美味しく仕上がる“寒”の時期に仕込んだ、年に一度しか飲めないしぼりたての新酒セットです。それぞれ異なる酵母を使用して仕込むことで、同じ酒質でもDry・Sweetの全く違った味わいをお楽しみいただけます。

2月は純米大吟醸セット、3月は大吟醸セットをお届けします。春だけのフレッシュな味わいをぜひお楽しみください。数量限定となっておりますので、お早めにご購入いただくことをおすすめいたします。詳細やご購入方法については、公式ウェブサイトや取扱店舗にてご確認いただけます。


【コンセプト】
本商品は日本酒が特に美味しく仕上がる“寒”の時期に仕込んだ、年に一度しか飲めないしぼりたての新酒です。フレッシュな美味しさに長年のファンが多く、シリーズ発売以来30年以上毎年販売を続けています。
純米大吟醸は豊かな米の旨味を、大吟醸は酒の芳醇な美味しさを主にお楽しみいただけます。また、各々『Dryタイプ』・『Sweetタイプ』の2種のみくらべセットになっています。同じ酒質でも異なる酵母を使用して仕込むことで、全く違った味わいに仕上がります。それぞれの新酒の個性的な味をぜひお楽しみください。


【デザインについて】
デザインは『春の訪れを伝える新酒』をコンセプトに、桜の花と千福のロゴが調和した和モダンのスタイルで仕上げました。Dryは鮮やか・爽やかさを感じさせるブルー、Sweetは春を想わせるピンクを基調にしています。


【お酒について】
フルーティーな香りと味わいで、日本酒初心者の方も飲みやすい味です。飲み方は冷酒・オンザロックがおすすめです。
 ■純米大吟醸しぼりたてセット ‐豊かな米の旨味‐
   Dry:バナナの様な優しい香りで、爽やかな酸味と旨味が調和した辛口
  Sweet:熟した果実を想わせる香りで、重厚感のある甘口と酸味
 ■大吟醸しぼりたてセット   ‐芳醇な美味しさ‐
Dry:すっきりとした味わいが特長で、ほのかな酸味が後口を引きしめる
  Sweet:リンゴのような華やかな香りと、優しい甘味で飲み口まろやか


【販売について】
<千福 純米大吟醸しぼりたてセット>は2月14日(水)以降から、<千福 大吟醸しぼりたてセット>は3月13日(水)以降から、広島県を中心とした百貨店、スーパー、酒販店などで販売を開始します。また弊社併設のアンテナショップ「ギャラリー三宅屋商店」や「千福オンラインショップ」でも取り扱いを開始します。
(千福オンラインショップ: https://www.sempuku-miyakeya.com/ )


【会社説明】
広島県呉市にある1856年創業の蔵元。地元広島県産米を中心にした日本酒「千福」の醸造ならびにウイスキー・ジン・焼酎・リキュール・甘酒などの製造販売、本社併設の直営店舗・ECサイトの運営も行っています。私たちが100年以上に渡り一貫して大切にしているのは、『酒の味』です。日々試行錯誤して造りの技を磨きながら、酒米の個性を活かした最高の味わいを追求しています。近年は全国新酒鑑評会やIWCを始めとした国内・海外のコンテストで多数の賞を受賞。人生の様々なシーンで『最高に旨い』と思える酒を生み出すことで、皆様の毎日を幸せな時間に変えるお手伝いをさせて頂きたいと思っています。また、いつでも美味しい酒をお楽しみいただけるよう品質にこだわり続けています。


【会社概要】
社名:株式会社 三宅本店/創業:安政3年(西暦1856年)
代表者:代表取締役社長 三宅清嗣
本社住所:広島県呉市本通七丁目9番10号
事業内容:酒類の醸造並びに販売、その他
URL:https://www.sempuku.co.jp


〈本件に関するお問い合わせについて〉
㈱三宅本店 ワクワク企画室 担当:森本 / E-mail:morimoto-takeshi@sempuku.co.jp
〒737-0045 広島県呉市本通七丁目9番10号
TEL:0823-22-1029(平日8:30~17:00) Fax:0823-23-1076

プレス向けリリース(PDF)はこちら